メインイメージ

最近の投稿

納税方法

合同会社設立のときに考える納税方法

合同会社設立をするときには、納税の方法についても検討しておく必要があります。納税の方法としては、青色申告を利用するべきかどうかを検討しなければならないのです。結論的に言えば、合同会社設立をするほとんどのケースでは青色申告を選択したほうが良いでしょう。そのメリットはというと、様々な税制優遇を受けられる事が挙げられます。

税制優遇としては、7年間の損失繰り越しがあります。ある年度に大きな損失を発生させた場合、その損失を7年間は持ち越すことができます。例えば、初年度に500万円の赤字になり、2年目が100万円の黒字になったとすると、繰り越しができなければ2年目は100万円の黒字に対して課税されます。繰り越しができれば、初年度の500万円の赤字を繰り越して、2年目は黒字が発生しても課税されることはありません。残りの400万円分は3年目に繰り越すことができます。このようにして7年間繰り越しをすることができますから、節税に用いることができます。

合同会社設立をしたばかりのときには、まだ経営が安定していないことも多いでしょう。そのために、最初の数年間は赤字経営が続くこともあります。青色申告を選択しておけば、この赤字を節税に使うことができるのです。他にも、いろいろな税制優遇がありますから、合同会社設立をするときに青色申告を選択するメリットは大きいのです。

では、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。青色申告をするためには、帳簿を作成しなければなりません。複式簿記で帳簿をつけ、決算処理も行って保管することが必要となります。デメリットとして挙げるのなら、この点があります。複式簿記で帳簿をつけるのは、意外と面倒なものです。

しかしながら、考えてみれば帳簿をつけることは、会社にとっては必要な事でしょう。青色であっても白色であっても、最終的な利益がどれくらい発生したのかを知るために帳簿をつけておかなければなりません。経営状態を把握するためにも帳簿は必要だと言えるでしょう。銀行などの金融機関から融資を受けるときにも決算書類は必要なのですから、帳簿をつけておくことは必要となってきます。

会社経営を続けていくためには帳簿は必要となってきます。どのみち必要なのですから、青色申告をするためのデメリットだとは言いにくいでしょう。ですから、合同会社設立をするときには、納税方法として青色申告を選んでおくのが良いと考えられます。